デリバリー

[ウーバーイーツVS出前館]店舗手数料と導入費用を違いまで解説!

コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、売り上げが厳しい店舗が多いことでしょう。

そんな、現状を改善する可能性を感じさせるのがデリバリーです。

やはり店舗内での売り上げが厳しいのであれば、テイクアウトやデリバリーサービスなどの店舗外での売り上げを伸ばす対策が必須です。

そんな状況を改善すべく救世主として現れたのがUber Eats(ウーバーイーツ)や出前館です。

しかし、いざデリバリーサービスを始める上でネックになってくるのが店舗手数料や導入費用です。

店舗手数料や導入費用を費やしてUber Eats(ウーバーイーツ)や出前館のデリバリーサービスを利用する価値はあるのかないのかについてそれぞれのメリットやデメリット、サービスの違いを踏まえながら、解説してきます。

今回の記事では

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

出前館とは?

デリバリーに取り組むメリット、デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館の店舗手数料や導入費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館のサービスの違い

に関する疑問や悩みについて分かりやすく解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

ウーバーイーツは世界的にもデリバリー業界をリードしていて、国内トップの企業です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の運営会社や歴史について詳しくみる

ウーバーイーツはITとGPSを駆使して「料理を届けてほしい人」と「配達員」をマッチングさせる、マッチングサービスです。

スマホアプリやWebで、注文するとレストランと配達する人を、マッチングさせ効率良く料理を届けるシステムです。

国内最多を誇る加盟店で、沢山のお店の中から選べて、1品からでも気軽に注文可能、支払い方法も豊富など様々な利点があり、人気があります。

しかし、人気がある一方で配達パートナーの迷惑行動が問題視されています。

信号無視、路上喫煙、ひき逃げ、商品を無断で捨てるなど多数の問題を引き起こしています。

出前館とは?

出前館はウーバーイーツに続いて国内2位のデリバリーサービスを提供している企業です。

出前館はシェアリングデリバリーを主なサービスとしており配達機能を持たない店舗でも、出前館加盟さえすれば出前館が連携した配達機能を用いることができます。

現在、TVCMやWeb広告、メルマガや、TwitterなどのSNSでクーポン配布などで利用者の獲得に力を入れているため営業規模がどんどん拡大しています。

デリバリーに取り組むメリット

1.店舗以外での売り上げが期待できる!

2.根強いファンを獲得が狙える!

3.知名度の向上を狙える!

4.混雑状況に関わらず売り上げを上げれる!

デリバリーに取り組むデメリット

デメリット

1.サービス手数料がネックになる可能性がある

2.トラブルが起こる可能性がある

3.注文が入りすぎると店内が回らなくなる

4.導入までに準備が必要

Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館の店舗手数料や導入費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗手数料は売上総額の約35%で、導入費用は無料です。

この店舗手数料が高いと感じる方は多いかも知れませんが、この売上総額の中に配達手数料やトラブル対応、ウーバーイーツへの掲載料を考えると妥当なのではないでしょうか。

現在の所、導入費用は無料ですが今後有料になる可能性があります。

出前館の店舗手数料や導入費用

出前館の店舗手数料は少し複雑で商品代金の10%と配達を依頼する場合は商品代金の25%が追加でかかります。

自分の店舗で配達員を用意できる場合は出前館サービス利用料として商品代金の10%のみです。

導入費用は無料です。

普通にサービスを利用した場合ウーバーイーツと同じ店舗手数料ですが、自分の店舗で配達員を用意できる場合に限り商品代金の10%のみで出前館のサービスを利用できる点が出前館の大きな強みです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館のサービスの違い

Uber Eats(ウーバーイーツ)編

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文の獲得方針は基本的に利用者からの紹介です。よくある全店舗で使えるような期間限定クーポンは基本的にないので、紹介者や利用者からの評価が特に重要になります。

出前館編

出前館の注文の獲得方針は基本的に、クーポン配布や、半額キャンペーンです。そのため、クーポンが配布されている期間はかなり注文が入りやすくなっています。また、ランキング機能などが備わっており、利用者からの評価はUber Eats(ウーバーイーツ)同様特に重要になります。

関連記事