タクシー

[驚愕]タクシー業界をぶち壊すUber(ウーバータクシー)とは?

どうも、だいき(uberdaiki)です。

今回は、2020年7月にUber(ウーバー)が日本国内にてタクシーの配車サービスを開始した、Uber(ウーバータクシー)について解説していきます。

Uber(ウーバー)といえば配達マッチングアプリであるウーバーイーツが有名ですが、タクシーの世界に進出した理由やウーバータクシーがどのようなサービスなのかなどをまとめてみました。

Uber(ウーバータクシー)とは?

Uber (ウーバータクシー)とは、アメリカで2009年6月に始まったタクシーと利用者を結ぶマッチングシステムです。

タクシーを利用したい人がウーバータクシーを使用することで、近くにいるタクシードライバーを探し、利用することが可能。

タクシー配車アプリは他にもいくつかありますが、ウーバーイーツで得た高い知名度を活かし、日の丸リムジンや東京エムケイ、エコシステムなどのタクシー会社と連携。

利用者、タクシードライバー双方に利便性をもたらすシステムです。

車の手配から目的地の指定、料金の支払いなどをスマホ1つで完結でき、基本的に24時間営業で人数や目的、荷物の状況に応じて車種を選ぶことできる利便性が評価されています。

現在では,世界50か国900都市以上で事業を展開しています!

ペンタくん
ペンタくん
ウーバータクシーとは「車に乗りたい人」(プロドライバーのみ)と「運転手」をマッチングさせるシステムです。

Uber(ウーバー)の運営会社は?

アメリカのサンフランシスコに拠点を置く、ウーバー・テクノロジーです。アメリカで配車サービスで有名な企業です。

Uberは2009年にアメリカで始まり、その画期的なアイデアや便利さが評価され、サービスが広く展開され現在では,世界50か国900都市以上で事業が展開されています。

ヨーロッパで営業を開始した当初は、タクシー業界の人が仕事を奪われるのではないかと不安にさせて、抗議のデモを行うほどと話題になっています。

ITとGPSを活用して,タクシーに変わる移動手段として「車に乗りたい人」と「運転手」をマッチングさせるシステムがメイン事業で2014年からオンラインフードデリバリーサービスを展開し2016年から日本でもサービスが開始されています。

時価総額は900億円を越え、任天堂やKDDI越えの巨大企業!

ペンタくん
ペンタくん
運営会社はウーバー・テクノロジーです!

運営会社と歴史を詳しく!

海外と日本のサービスの違い

「車に乗りたい人」と「運転手」をマッチングさせる、ライドシェアと呼ばれるサービスは米国で2009年6月に始まりました。

海外では、プロドライバーではない一般人でもウーバーに登録さえすれば、「ライドシェア」と呼ばれるビジネスが可能にあります。

それにより、ウーバーのアプリを使うだけで、タクシーを利用したいユーザーと直接連絡を取って、自分で所有している車(自家用車)を利用してのライドシェアと呼ばれるタクシー業務が可能になります。

現状で世界の900都市で利用できるウーバーは、米国ではカリフォルニア州やニューヨーク州などの都市部を中心的に展開され始め、都市部などで渋滞の原因として報道されるほど急速に利用が広まっています。

しかし、日本では法律の関係で、海外と同じビジネスモデルを展開できず、日本では広まりませんでした。

アメリカのウーバーの場合、個人でもウーバータクシーのドライバーとして活動できますが、日本の場合、タクシーの事業免許が必要です。

そのため、アメリカのように「いろんなドライバーから選ぶ」は、日本では難しいです。

アメリカのウーバーが人気を集めた理由は安さはもちろんですが、いろんなドライバーがいる点もありました。それぞれ個性的な車に乗っていたり、話術に優れていた安い費用で提供していたりと、それぞれ魅力がありました。

その点日本はあくまでも事業者のみ。

車も基本的にはタクシーとして採用されているものですので、バリエーションという点に於いては日本よりもアメリカのウーバーの方が面白いでしょう。

しかし、この点は「目的地までたどり着く」が目的であって、「いろんな車に乗りたい」が目的ではない場合、そこまでデメリットにはならないでしょう。

本来の「ウーバー(海外)」では、乗車利用については、一般人を含む契約ドライバーと利用者を結ぶサービスに対して、日本では、タクシー会社(プロのタクシードライバー)と利用客を結ぶサービスです。

Uber(ウーバータクシー)とタクシー会社の違い

Uber(ウーバータクシー)とタクシー会社の違いは大きく3つあります。

1つ目は料金システムです。

Uber(ウーバータクシー)では、タクシー会社のように深夜料金が発生することはありません。

しかし利用状況によっては、追加で料金が発生します。

利用者が多い場合はには、ピーク料金として通常の1.2倍の料金が発生します。Uber(ウーバータクシー)は深夜料金が発生しないかわりに、利用状況に応じてピーク料金が発生します。

それに対し、タクシー会社は利用状況に応じての追加料金はありませんが、深夜の時間帯は2割増になります。

2つ目は、車種を選べることです。

Uber(ウーバータクシー)では車種を選ぶことが可能です。

人数や目的、荷物の状況に応じて車種を選ぶことが可能で高級車も選択することも可能です!

3つは、スマホ1つで全て完結できることです。

Uber(ウーバータクシー)ではスマホ1つで全て完結できます。

車の手配から目的地の指定、料金の支払いなどの全てをスマホ1つで完結させれます。

料金

ウーバータクシーの利用料金は、初乗り料金(最低料金)で823円となっていて、距離と時間によって変動します。

開始料金が103円、時間1分につき67円、乗車距離1㎞ごとに309円が加算されます。

利用料金は支払金額=103+67×乗車時間(分)+309×乗車距離(km)になっています。

金額が823円以下の場合でも、最低料金(823円)は支払うことになります。

ウーバータクシーとタクシー会社を比較したところ、交通状況によりますが、普通に利用すればタクシー会社の方が安いことが多いです。

ウーバータクシーの公式ホームページでは料金見積もりが可能なため、羽田空港から東京駅まで利用した場合の、ウーバータクシーとタクシーの料金を比較してみました。

平均的には、ウーバータクシーで約7600円に対し、タクシー会社では約6300~6800円です。

ウーバータクシーは1分につき料金が発生するので、道が混んでいるなどの交通状況によってかなり変動します。

しかし、まだウーバータクシーを使ったことのない方なら、プロモーションコードを使用することによって、タクシー会社よりもお得に使うことができます。

ペンタくん
ペンタくん
uberとタクシー会社の使い分けがおすすめです!

支払い方法

Uber(ウーバータクシー)の支払い方法は、デリバリーサービスを提供しているUber Eats(ウーバーイーツ)と違い支払い方法は、基本的にクレジットカードかデビットカードのみです。

対応ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersです。

ただ、一部例外として現金や電子マネーを利用できる場合があります。

ペンタくん
ペンタくん
Uber(ウーバータクシー)の支払い方法は基本的にクレジットカードかデビットカードのもです!

利用可能なエリア

Uber(ウーバータクシー)は2018年に運用が開始されたばかりで、現在は、淡路島、福岡、福島、広島、神戸、京丹後、京都、名古屋、中頓別,大阪、仙台、東京、横浜の13のエリアでしか利用することができません。

しかし、エリア外でも東京23区内であれば利用できる場合もあります。

今後、使えるエリアはどんどん拡大されていきます!

今、住んでいるエリアでは使えなくても、将来的にサービスを利用することは可能でしょう!

ペンタくん
ペンタくん
Uber(ウーバータクシー)の使えるエリアはかなり限られています!

営業時間

Uber(ウーバータクシー)の営業時間は24時間です!

ちなみにUber(ウーバータクシー)では、深夜料金は発生しません!

ただ、アプリ全体の利用状況に応じてピーク料金(利用者が多い場合に、ピーク料金として通常の1.2倍の料金)が加算されます。

最悪の場合はUber(ウーバータクシー)を利用できないことがあります。

ペンタくん
ペンタくん
Uber(ウーバータクシー)の営業時間は24時間です!

Uber(ウーバータクシー)のメリット

Uber(ウーバータクシー)のメリットについて解説していきます。

1.ドライバーを確認可能!

 

Uber(ウーバータクシー)では、ドライバーを事前に確認することができます。

他のタクシー会社と違い、乗車前にドライバーの名前や顔写真、評価、車両ナンバーなどの情報を確認することが可能です。

2.車種が選べる!

 

Uber(ウーバータクシー)では、車種が選べます。

他のタクシー会社と違い、人数や目的、荷物の状況に応じて車種を選ぶことが可能です。

更にベンツやレクサス、クラウン、BMWなどの高級車も選択することも可能です。

結婚記念日やデートなど、特別な日にUber(ウーバータクシー)で高級車で移動することも可能です!

3.支払いが楽!

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用したことがあって、クレジットカード情報を登録している人は何もしなくても、キャッシュレスで乗車できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用したことがない人でもuberのアプリにクレジットカードを登録するだけでキャッシュレスで乗車できます。

支払いは登録したクレジットカードから、自動で引き落とされるため、降車時の支払いが不要です。

そのため、事前に現金を用意する必要がありません。

料金履歴は残るため、いつでも料金履歴を確認できます。

4.スマホ1つで全てを完結できる!

 

Uber(ウーバータクシー)は車の手配から目的地の指定、料金の支払いなどをスマホ1つで完結できます!

事前に目的地を指定することが可能なので、乗車時に行き先を指示する必要はありません。

手配した車がどのくらいで到着するかもアプリ内で確認可能です。

領収書はメールで受け取れます。

運転手とのコミュニケーションなしで、Uber(ウーバータクシー)の利用が可能です。

Uber(ウーバータクシー)のデメリット

Uber(ウーバータクシー)のデメリットについて解説していきます。

1.スマホの環境に左右される!

Uber(ウーバータクシー)はスマホで完結しているため、電池残量やネットワーク環境などのスマホの環境に左右されます。

スマホの電池が切れてしまうと、Uberアプリの利用ができないため、車を探すことや手配することなど、何もできません。

モバイルデータやWi-Fiネットワークが接続できない通信環境でも利用できません。

Uber(ウーバータクシー)を利用する時は、スマホの電池残量やネットワーク環境に気を配りましょう!

2.人数制限がある!

Uber(ウーバータクシー)には車種によっての人数制限があります。

複数人で利用する時は、事前に手配予定の車種によって収容人数が異なるので、事前に確認が必要です。

Uber(ウーバータクシー)を利用する時は、人数によって車種を選択しましょう!

3.アプリ全体の利用状況によって料金が変わる!

Uber(ウーバータクシー)ではアプリ全体の利用状況によって料金が変わります。

それは、利用者が多い場合に、ピーク料金として通常の1.2倍の料金が発生することです。

Uber(ウーバータクシー)を利用する時はピーク料金が発生していないかどうか確認しましょう!

Uber(ウーバータクシー)の登録方法

Uber(ウーバータクシー)の登録方法について解説していきます。

やり方はとても簡単で、ウーバーイーツを一度でも利用したことのある人なら、ウーバーイーツで使用しているアカウントをそのまま利用できるので、たった5ステップで完了します。

ウーバーイーツを利用したことのない人でも、電話番号、メールアドレスさえあれば、5分もあればすぐウーバーアカウントを作成できます。

1.Uber(ウーバータクシー)をダウンロードしよう!

Uber
Uber
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

2.始めるをタップ

3.アカウントを選択する

4.位置情報の使用を許可

5.右下の→をタップ

初回利用をお得にする方法

Uber(ウーバータクシー)をまだ利用したことのない人限定で2000円OFFで利用できます!

1回の乗車につき1000円OFFのプロモーションを2回もしようすることができます!

登録も1分あれば可能なので、是非お得に使ってみましょう!

TYd63vng

1.アプリを開き左上の三をタップ

2.ウォレットをタップ

3.プロモーションをタップ

4.TYd63vngを入力し追加をタップ

5.以上で完了

トーラくん
トーラくん
uberを使ってみて!

ウーバータクシーに関するよくある疑問

ウーバータクシーに関して、良くある疑問もいくつかまとめてみました。

ウーバーイーツのようなお小遣い稼ぎはできない?

残念ながらウーバータクシーでタクシードライバーとして活動できるのは正規のタクシードライバーのみです。ウーバーイーツのように誰でも簡単に登録し、すぐにでも配達業務を行ってお小遣い稼ぎができるシステムではありません。
ウーバータクシーに関してはあくまでも利用者として、タクシー配車アプリを活用してタクシーを快適に利用するというスタンスのみです。

ウーバータクシーの利用料はどうやって決まるの?

移動料金に加えて車のランクで決まります。実際にウーバータクシーのアプリを起動してみるとわかりますが、同じ目的地であってもいくつかの車(タクシー)が表示され、それぞれ微妙に料金が異なります。
その中から自分にあったプランの車を選ぶとよいでしょう。

スマートフォンがないと使えない?

ウーバータクシーはiOS、Androidのアプリとしての提供です。
基本的にはパソコンでは利用できませんので、スマートフォンで利用しましょう。

まとめ

ウーバータクシーはタクシー配車アプリとして高い利便性を誇ります。
本国であるアメリカとは若干仕様が異なりますが、日本にローカライズされたことで、日本に合った形での利用が可能となっています。
また、ウーバーはアグレッシブな姿勢の企業でもありますので、今後さらなるサービスの拡充も予想されます。簡単な登録ですぐにでも利用できますので、普段タクシーを利用する機会の多い人は、スマートフォンにウーバータクシーのアプリをインストールして活用してみるのも良いかもしれません。

もっと詳しく見る

ホームページはこちら!

Uber教室

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達

 

関連記事