デリバリー

[種類豊富?]ウーバーイーツ支払い方法は?支払いに対応しているものまで

ウーバーイーツのお支払い方法は豊富なため、カードは使える?電子マネーは?現金は?という疑問をお持ちの方は多いでしょう。

そこで今回は、ウーバーイーツでお支払い可能なものやお支払い方法について解説していきます。

ウーバーイーツのカード決済

ウーバーイーツで使えるクレジットカードやデビットカードのメリットやデメリットについて解説していきます。

対応カードブランド

VISA」「MasterCard」「JCB」「AMEX」「Diners」の5つが対応しています。

デビットカードは三菱UFJデビットやみずほ銀行JCBデビットなどの国際ブランドは利用可能です。

カード決済のメリット

商品の受け渡しが楽!

カード決済をしていれば、注文した時点で支払いが完了しています。

そのため、届けてくれた料理を受け取るだけです。

配達員とのやりとりもほとんどなく、とてもスムーズに受け取れます。

置き配が利用できる

カード決済をしていれば、注文した時点で支払いが完了しているので、置き配が利用できます。

置き配を利用すれば、対面する必要がないので安全ですし、仕事で忙しくて手が離せない場合などでも利用が可能になります。

カード決済のデメリット

デビッドカードやプリペイドカードを利用する場合には、カードの残高が不足すると、引き落としがされず、注文した商品が届かないという可能性もあります。しっかり決済が出来ているのか、注文する前に残高があるか、など自分自身で確認してから注文するようにしましょう。

ウーバーイーツの電子決済

ウーバーイーツで使える電子決済のメリットやデメリットについて解説していきます。

対応種類

LINE Pay・Apple Pay・PayPayの3つから選べます。

電子決済のメリット

商品の受け渡しが楽!

電子決済をしていれば、注文した時点で支払いが完了しています。

そのため、届けてくれた料理を受け取るだけです。

配達員とのやりとりもほとんどなく、とてもスムーズに受け取れます。

置き配が利用できる

電子決済をしていれば、注文した時点で支払いが完了しているので、置き配が利用できます。

置き配を利用すれば、対面する必要がないので安全ですし、仕事で忙しくて手が離せない場合などでも利用が可能になります。

電子決済のデメリット

LINE PayやApple Pay、PayPayを利用する場合には、カードの残高が不足すると、引き落としがされず、注文した商品が届かないという可能性もあります。しっかり決済が出来ているのか、注文する前に残高があるか、など自分自身で確認してから注文するようにしましょう。

ウーバーイーツの現金決済

ウーバーイーツでの現金配達についてのメリットやデメリットを解説していきます。

現金決済のメリット

クレジットカードや電子決済手段がなくても注文できる!

クレジットカードや電子決済手段がなくても利用できるため、クレジットカードや電子決済手段がないから注文できないとう問題が解決できます。

登録が楽!

クレジットカードや電子決済手段を登録しなくてもいいので、登録が楽です。

現金以外での支払いに抵抗のある人でも安心!

クレジットカードや電子決済手段での支払いに抵抗のある人でも、現金決済なら安心してお支払いできます。

現金決済のデメリット

商品の受け渡しが面倒!

カード決済や電子決済をしていれば、注文した時点で支払いが完了しています。

そのため、届けてくれた料理を受け取るだけで配達員とのやりとりもほとんどなく、スムーズに受け取れますが、現金決済の場合、配達員にお支払いをしてから商品を受け取る必要があるのでやりとりが面倒くさいです。

置き配が利用できない!

カード決済や電子決済をしていれば、注文した時点で支払いが完了しているので、置き配が利用できますが、現金決済の場合、配達員にお支払いをしてから商品を受け取る必要があるので置き配が利用できません。

雨の日など注文の多い日だと時間がかかる!

現金決済の場合、雨の日など注文の多い日だと時間がかかったり、最悪の場合は注文できない可能性があります。

ウーバーイーツはITとGPSを駆使して「料理を届けてほしい人」と「配達員」をマッチングさせる、マッチングサービスですが、配達員は現金決済を受け付けるか、受け付けないかを選べるます。

そのため、現金配達を受け付けている配達員が少なければ、マッチングするのに時間がかかりますし、最悪の場合注文できません。

関連記事