タクシー

進化を遂げ続けるウーバータクシーのメリットデメリットとは?

徐々にではありますがウーバータクシーの知名度は高まっています。まだまだウーバーといえば飲食物宅配のウーバーイーツが圧倒的な知名度を誇り、「ウーバー」といえばウーバーイーツをさす言葉として定着していますが、アメリカ本国ではウーバーといえばフリーライドシェアであるウーバータクシーを意味しています。法律の壁もあり、日本ではフリーライドシェアは実現いていないものの、タクシー配車アプリとして着実に存在感を高めています。しかし、タクシー配車アプリはウーバータクシー以外にもいくつかありますので、ここではウーバータクシーならではなメリット、そしてデメリットについてをまとめてみました。

今回の記事では

ウーバータクシーのメリット

ウーバータクシーのデメリット

について分かりやすく解説していきます。

ウーバータクシーならではのメリット

メリット

ウーバータクシーならではのメリット

ドライバーの情報を事前に確認できる

ウーバータクシーの場合、ただ近くにいるタクシーを配車してもらうだけではなく、「だれが運転しているタクシーなのか」が分かります。そのタクシードライバーがこれまでどれだけの実績を挙げてきたのかが分かりますので、信頼できる相手なのか、タクシーに乗車する前の段階でわかる点は他のタクシー配車アプリにはないウーバータクシーならではなメリットと考えてよいでしょう。
タクシーはドライバーによって様々な点が変わります。極論ですが、合わないタクシードライバーとの時間は苦痛やストレスを伴うおのですし、事前に分かっていれば回避できるのであれば回避することもあるのではないでしょうか。目的地まで運んでくれるだけではあっても、車中という密室空間で一緒になるのです。できれば信頼できる相手をと考えるのもタクシー利用者心理としては当然のものですが、ウーバータクシーであれば、その「当然のこと」を事前に確認できます。

車種が選べる

タクシーはあくまでも「目的地まで運んでくれる車」ではありますが、ウーバータクシーに関しては車種を選ぶことが可能です。タクシーは実際に目の前に現れるまで、どのような車なのか分かりません。しかしウーバータクシーはドライバーだけではなく、車種も選べます。
そのため、大きな荷物を運んでもらいたい時には大きな車を選んだり、長時間乗るので乗り心地を求めるのであればそれなりの高級車を選んだりなど、目的や自分の趣味で車種を選べる点は、他の配車アプリよりも優れている点と考えてよいでしょう。
特に旅行の場合、大きなスーツケースを持っている場合は大きな車の方が乗り心地が良いだけに、ウーバータクシーが活躍してくれることでしょう。

支払いの手間がかからないキャッシュレス

ウーバータクシーにて手配したタクシーを利用する場合、キャッシュレスでの利用が可能です。他の配車アプリの場合、あくまでも手配のみです。タクシーがやってきてくれる点は便利ですが、支払いに関しては従来通り目的地に到着してから会計を行います。
その点ウーバータクシーの場合、登録しているクレジットカードでの支払いとなりますのでキャッシュレスでの支払いとなります。手間もかかりませんしスピード感もあります。例えば急いでいる時は、お釣りをもらう時間さえ惜しのではないでしょうか。小銭が多い場合、惜しいとは思っていても時間が迫っているから泣く泣く「お釣りは結構です」と告げることもあるかもしれません。
また、手荷物が多いときには財布を出すのも面倒なら、お釣りをもらって小銭を財布にしまい、さらには財布をカバン等にしまうのも面倒ですが、スピード感と手間いらず決済が可能なウーバータクシーであればそれらの問題も無用です。

トラブルの際の問い合わせ・報告あ可能

もしもですが、利用したウーバータクシーに忘れ物をしてしまったとしても、どのタクシーを利用したのか詳細なデータがありますので、すぐにでも追跡が可能です。一般的なタクシーに忘れ物をしてしまった場合、タクシー会社に連絡しなければなりませんが、タクシー会社を意識していなかった場合、追跡が困難になります。
その点ウーバータクシーは利用履歴をたどればすぐにでも利用したタクシーを特定できますおで、忘れ物もすぐに戻ることでしょう。もちろん忘れ物だけではなく、何らかのトラブルやアクシデントに見舞われたとしても、タクシードライバーの特定が可能ですので、以降、乗車依頼をしないなどの対策を講じることも可能です。

すべてがスマホで完結できる

ウーバータクシーは基本的にすべての操作をスマホで行うことができますので利便性が高いです。利用したいと思ったその時にスマホを捜査してタクシーを選び、会計も完了します。
車内で会計する必要もなければ、別途手続きを行う必要もありません。
スマホだけで全てを完結できる利便性の高さこそ、ウーバータクシーならではなメリットと考えてよいでしょう。

ウーバータクシーのデメリット

デメリット

メリットもあればデメリットもあるもの。ウーバータクシーには様々なメリットがありますが、デメリットもありますのでこれらもまた、覚えておくと良いでしょう。

スマホが必要

スマホネイティブともいうべき若い層はスマホが当たり前ですが、高齢者・年配者の中にはまだまだスマホではなくガラケーを利用している場合もありますが、その場合、パソコンが必要になります。
ウーバータクシーの利便性の高さはスマホがもたらしているといっても過言ではないだけに、スマホを持っていない人や、さらにはスマホもなければ自宅にもインターネット環境が無い人の場合、ウーバータクシーの利便性の高さは半減してしまうことでしょう。

早朝や深夜の場合料金が高くなる

早朝・深夜に利用する場合、料金が高く設定されているケースがあります。この点は通常のタクシーと同様ではありますが料金が高くなることに対して残念だと感じる人もいることでしょう。
また、ライフスタイル次第では早朝や深夜の利用が多い人もいるかもしれませんが、その場合常に少々高い料金での利用となってしまいます。
「他のタクシーでもそうだから」と割り切れるか、同じサービスなのに料金が高くなると思ってしまうかで判断が分かれますが、デメリットだと感じてしまう人もいるでしょう。

地方の場合稼働が少ない

ウーバータクシーはまだまだ首都圏や大都市限定のサービスと考えてよいでしょう。
そのため、地方都市ではウーバータクシーの稼働も少なく、環境によっては稼働しているタクシーを見つけることができない可能性もあります。
首都圏・大都市であれば稼働しているタクシーも多いおで、ウーバータクシーもそれなりの数があります。しかし、地方によってはウーバータクシーはおろか、タクシーそのものを見つけることが困難なエリアもあるのではないでしょうか。この点に関しては人口や都市規模の問題であって、ウーバー側としてもどうすることもできない問題ですが…。

電話がかかってくるケースあある

割合としては稀ではありますが、電話がかかってくるケースもあります。
基本的にスマホ操作だけで完結する点がウーバータクシーの魅力ですが、タクシードライバー側としても確認事項があったり、申し込みの内容だけでは分からない点や、l特別な事情があって確認したい時などには電話がきます。
スマホだけで完結する点に魅力を感じている人は、稀にではあっても電話がかかってくる点をデメリットに感じてしまうケースもあるでしょう。

まとめ

ウーバータクシーにはメリットもあればデメリットもありますが、デメリットに関してはシステムの中身そのものよりも、実際に利用できない可能性がある点が大きいでしょう。
そのため、現実的にはまだまだ日常生活の中で問題なく利用できるエリアが限られているサービスではありますが、指示が高まればより広範囲にサービスが及ぶようになるかと思いますので、今後の流れにも注目です。

関連記事