タクシー

[知って欲しい]観光地でUberを頼むメリットやデメリットは?徹底解説!| uber教室

Uber(ウーバー)とは?

Uber(ウーバー)は2009年にアメリカで始まり、ITとGPSを活用して,タクシーに変わる移動手段として「車に乗りたい人」と「運転手」をマッチングさせるシステムを提供しています。

乗車したい時はUber(ウーバー)、手頃な価格で利用でき、スマホ1つで車の手配から目的地の指定、料金の支払いなどをスマホ1つで完結できるという利便性から世界中で人気を誇っています。

現在では,世界50か国900都市以上でライドシェアサービスを展開しいます。

日本では、2014年8月からサービスを開始しています。

ゲコくん
ゲコくん
使える場所がなあ、、、

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)は2014年からサービスが開始し、2016年から日本でサービスが開始されています。

ITとGPSを駆使して「料理を届けてほしい人」と「配達員」をマッチングさせる、マッチングサービスです。

スマホアプリやWebで、注文するとレストランと配達する人を、マッチングさせ効率良く料理を届けるシステムです。

1品からでも気軽に注文可能で支払い方法は、現金・クレジットカード・LINE Pay・Apple Pay・PayPayの5つから選ぶことが可能です。

ペンタくん
ペンタくん
観光地でも便利!

観光地でUber(ウーバー)を使うメリット

観光地でUber(ウーバー)を使うメリットについて解説していきます。

1.観光地や、ホテルの前まで迎えにきてくれる!

アプリで車を手配すれば観光地や、ホテルの前まで迎えにきてくれます!

2.料金の目安を事前に確認できる!

事前に料金を確認できるので、お会計が高することを防げる!

3.会話が不要

スマホ1つで車の手配から目的地の指定、料金の支払いなどを完結できるため、言語や方言などに不安があっても安心できます!

観光地でUber(ウーバー)を使うデメリット

観光地でUber(ウーバー)を使うデメリットについて解説していきます。

1.使えるエリアが限定されている!

Uberは使えるエリアが限定されいます。

淡路島、福岡、福島、広島、神戸、京丹後、京都、名古屋、中頓別,大阪、仙台、東京、横浜の13のエリアでしか利用することができません。

しかし、エリア外でも東京23区内であれば利用できる場合もあります。

2.人数制限がある!

Uberには車種によっての人数制限があります。

複数人で利用する時は、事前に手配予定の車種によって収容人数が異なるので、事前に確認が必要です。

Uber(ウーバータクシー)を利用する時は、人数によって車種を選択しましょう!

3.アプリ全体の利用状況によって料金が変わる!

Uberではアプリ全体の利用状況によって料金が変わります。

それは、利用者が多い場合に、ピーク料金として通常の1.2倍の料金が発生することです。

Uberを利用する時はピーク料金が発生していないかどうか確認しましょう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)を観光地で使うメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)を観光地で使うメリットについて解説していきます。

1.ホテルや観光地でも、料理を受け取ることができる

ウーバーイーツを使うことで、ホテルや観光地まで料理を届けてくれます。

ホテルや観光地周辺の美味しいお店の料理を食べることができます。

2.沢山のお店の中から選べる

加盟店舗数が約14,000を超えており、マクドナルド、ケンタッキー、サブウェイを始めとしたチェー店から個人経営のお店など、幅広いお店の中から選ぶことが可能です。

3.お店によるが、最短で10分程で届く

これは、その日の配達員の状況や頼むお店によりますが、マクドナルドなどの注文場所から近いお店だと自分で買いに行くよりも早く届きます。

基本的に、注文してから30分前後で、届きます。

4.スマホ1つで、簡単に頼める

スマホアプリやwebで注文するだけで、簡単に注文できます。

5・決済手段が豊富

決済手段は、現金・クレジットカード・LINE Pay・Apple Pay・PayPayの5があり豊富です。

6.時間予約ができる

ウーバーイーツは他のデリバリーサービスとは違い、時間予約が可能です。

30分単位からで、1週間以内であれば、日時や時間を指定できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を観光地で使うデメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)を観光地で使うデメリットについて解説していきます。

1.商品が届かない場合がある

商品が届かない場合があることは、すごく稀なことですが、実際に起こっていることです。

その理由は、配達員が別の人の自宅に届けてしまうとういことです。

建物名や表札名の記載がない場合に多いです。

配達員は基本的にグーグルマップを使って配達しているため、グーグルマップでわかりずらい場所に建物や家があると、建物名や表札を頼りに配達します。

そのため、建物名や表札がなく建物がわかりづらい場合は注文者に電話します。

電話が繋がった場合は、建物名や表札を聞くことができますが、電話がつながらない場合は、配達員はサポートセンターに電話するか、配達員の勘でこれだと思う物件に配達します。

配達員の勘で配達されるのに、抵抗感を感じた方が多いと思いますが、配達員は歩合性のため時間のロスを嫌います。

そのため、サポートセンターに電話して対応を待つという行動をせず、勘で配達してしまう、配達員がいます。

その場合は、別の人の自宅に届けてしまう可能性があります。

届かなかった場合はお客様相談室というものがあるので、そちらに連絡しましょう!

2.商品がグチャグチャになっている場合がある

配達員によっては、包装が雑な人もいるため稀に、商品がグチャグチャになっている場合があります。

ただ、お店側の包装が悪い場合も多いです。

特に、寿司や汁物、ドリンクなどはグチャグチャになりやすいです。

グチャグチャになっていた場合はお客様相談室というものがあるので、そちらに連絡しましょう!

3.雨の日などは時間がかかる場合がある

ウーバーイーツとは、ITとGPSを駆使して「料理を届けてほしい人」と「配達員」をマッチングさせる、マッチングサービスです。

そのため、注文者がいても配達員がいないとマッチングしません。

なので、雨の日は注文数が多く配達員が足りていないと、なかなかマッチングせず、時間がかかる場合があります。

4.配達員によって当たり、ハズレがある

ウーバーイーツの配達員は「配達パートナー」と呼ばれています。これは、彼らはウーバー社のアルバイトスタッフではなく「パートナーシップ契約を交わした個人事業主」という扱いになっています。

そのため、配達員はアルバイトのような時給制ではなく、個人事業主で歩合性です。社員教育のようなものは一切ありません。

採用面接もなく、誰でも配達員になるのが可能なで、社員教育のようなものは一切ないため、稀に常識のない人がいます。

そのため、一部の常識のない人は、包装が雑だったり、マナーが悪かったり、対応が不適切です。

5.頼む場所によって、注文できるお店がかなり変わる

どんどん配達エリアを拡大しているウーバーイーツですが、新しく始まったエリアや郊外にあるエリアだと、注文できるお店が少ない場合が多いです。

ただ、今後注文できるお店が増えていくと思います。

もっと詳しく見る

ホームページはこちら!

Uber教室

Uber(ウーバータクシー)とは?

Uber(ウーバータクシー)

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達

Uberの運営会社と歴史とは?

Uberの運営会社と歴史

関連記事